RSS | ATOM | SEARCH
「愛・地球博とあいちモリコロ基金の成果と理念を継承する新基金(仮称;中部圏地域創生ファンド)に関するフォーラム」


ボランタリーネイバーズ
大西光夫さんの投稿を転載します

 

    ▽    ▽    ▽

 

各位(転載・転送歓迎。お願いします)

 

◆◆フォーラムのご案内です◆◆
http://www.vns.or.jp/
http://www.vns.or.jp/shinkikin.html

 

◎NPOの課題は、「資金ではなく人材だ」「資金が必要という声を聞かない」という意見があり、「資金問題は不要ではないか」との見方が出ているようです。
 

◎私は、「資金問題」こそNPOにとって最大の課題で、人材不足も原因をたどれば資金不足にいきつくと考えています。
 

◎ぜひ、フォーラムに集い、議論してみたいと思います。


 なお、「社会貢献活動支援検討会議」(6月8日)の議事録が公開されました。ぜひご覧ください。愛知県⇒くらし・安全・環境⇒まちづくり・地域づくり⇒NPO
http://www.pref.aichi.jp/life/1/7/25/


************************************************


「愛・地球博とあいちモリコロ基金の成果と理念を継承する新基金(仮称;中部圏地域創生ファンド)に関するフォーラム」

 

日時 平成28年10月7日(金)

   18:30〜20:30
場所 名古屋国際センター 別棟ホール(180席)
  名古屋市中村区那古野1−47−1

  (名古屋駅から東へ徒歩7分)

 

 内容 *文中、敬称略。
1、あいさつ
○新基金への期待
 賛同者代表よびかけ人 蛇川雄司(NPO法人「知多から世界へ」理事長)

○新基金像の説明
 賛同者よびかけ人幹事 羽根田英樹(名古屋都市センター調査アドバイザー)

 

2、基調講演
○助成財団活動から見た新基金の評価、設立や運営への提言・助言
 渡辺 元(公益財団法人助成財団センター事務局長、NPO法人市民社会創造ファンド副運営委員長)

○共助社会における資金システムとしての新基金への期待と提案
 奥野信宏(中京大学学術顧問、梅村学園理事)

○南海トラフ地震対策における、NPO育成強化、官民連携・広域連携構築の必要性とその資金システムの提案
 栗田暢之(認定NPO法人レスキューストックヤード代表理事)

 

3、パネル討論
講演者、関係者及びフォーラム参加者を交えて討論。

 

◆主催 新基金賛同者ネットワーク
●代表よびかけ人;稲垣隆司、奥野信宏、栗田暢之、蛇川雄司、山田雅雄。
●よびかけ人:浅野 聡、天野鎮雄、出丸朝代、今田 忠、榎田勝利、太田 宏、加藤正嗣、加藤義人、小山 勇、鈴木盈宏、瀧川正子、武長脩行、津田正夫、都竹淳也、寺本 潔、戸田敏行、中田 實、橋本俊也、服部 敦、秀島栄三、藤田佳久、松井真理子、松下典子、森川高行、モンテカセム、吉井信雄、渡部 勝、(幹事)羽根田英樹、(事務局)大西光夫。
●賛同署名者;3078名(8月31日現在)


◆連絡先(事務局);

NPO法人ボランタリーネイバーズ
電話;052−979−6446

FAX;979−6448
URL;http://www.vns.or.jp

Email;shinkikin@vns.or.jp


************************************************

10月7日フォーラム参加申し込み書
お名前(  )
所属(  )
上記記入の上、このまま返信ください。
************************************************
★すでにお申込み頂いたみなさんは重複ご容赦ください。
************************************************


ボランタリーネイバーズ 大西光夫
http://www.vns.or.jp/shinkikin.html
***********************************
461-0005名古屋市東区東桜2-18-3-702
電話:052-979-6446/Fax:979-6448
Email:vns@vns.or.jp
URL:http://www.vns.or.jp
***********************************


MLホームページ:

http://www.freeml.com/slowliving

author:イージーライダー, category:ボランティア♪, 13:12
comments(0), trackbacks(0), - -
「反貧困ネットワーク京都」の声明から

 Slow Life ML への投稿を転載・・

http://www.freeml.com/slowliving

 

    ▽    ▽    ▽


京都の舟木です。

相模原市で発生した事件について、
反貧困ネットワーク京都の声明をご紹介します。

以下、転送・転載等にご協力をお願いします。


------------------------------------------------
「反貧困ネットワーク京都ブログ」より
http://hanhinkonkyoto.blog104.fc2.com
------------------------------------------------

 

相模原市の障害者福祉施設で発生

     した大量殺傷事件についての声明

 

反貧困ネットワーク京都


 私たち反貧困ネットワーク京都は、人間らしい生活と労働の保障を求め、貧困問題を社会的・政策的に解決することにより、すべての人が生き生きと暮らすことのできる社会を実現するために活動するネットワーク組織です。

 

 2016年7月26日深夜、神奈川県相模原市の障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で、痛ましい障害者大量殺傷事件が発生しました。私たちは、亡くなられた方々に対して深く哀悼の意を表するとともに、傷つけられた方の一日も早い心身の回復を心から願うものです。そして、この事件の衝撃によって心が打ちひしがれ、恐怖と動揺によって生活のリズムを大きく壊された皆様の日常が、一日も早く平穏に戻られますことを祈念するものです。

 

 この度の事件は、容疑者が優生思想に基づき、障害者の抹殺を企図したものであることが強く疑われています。この事件については、容疑者の言動や事件の「特殊性」、「異常性」にのみ着目されがちですが、ここで私たちが見逃してはならないのは、このような優生思想が、今日の社会の在り方と無関係ではなく、潜在的には、私たち一人ひとりの日常感覚と地続きであることです。くしくも本年4月には障害者差別解消法が施行されましたが、私たちの社会はその理念からは程遠く、あまりにも多くの物理的、制度的、心理的、文化的バリアに満ち満ちています。そのような状況下で、障害者を「厄介者」呼ばわりして共生を拒むような差別の思想が、私たちの社会の中に深く浸透していると言えます。障害のある人たちは社会の中で肩身の狭い思いを強いられ、地域から追われ、行きつく先に待ち受けていたのが今回の事件でした。私たちは、容疑者の言動が、私たちの日常と決して無関係ではないことを自覚しなければなりません。

 

 障害者に限らず、社会的に不利な立場にある人々への憎悪表現・排斥行動が後を絶ちません。在日外国人へのヘイトスピーチや野宿者襲撃事件、生活保護受給者への容赦ないバッシングなど、いたるところで憎悪や暴力が噴出し、それらは「社会(日本、国、経済)のため」を称して平然と振るわれています。生活保護費の強引な引き下げなど、社会的に不利な立場にある人々の生きづらさが増している状況です。そもそも私たちが、社会的連帯を目指してきたのは、基本的人権を互いに尊重しあい、誰もが自分らしく生きられることを共に保障しあうためだったはずです。

 

 容疑者とされる人物の精神科病院への入院歴などが報道され、政府も措置入院制度の見直しへと動いていますが、これをきっかけに精神障害者への隔離や管理を強化することは許されません。心身の健康の回復の基本条件は自由な社会環境であり、地域での自然な関わりにあります。また、施設のセキュリティ強化も叫ばれていますが、これも、施設の地域からの閉鎖性を高める結果となるのであれば、本末転倒した対応と言うべきです。むしろ、施設を思い切り開放し、施設内で暮らす人たちが多様な人たちとコミュニケーションを取れるようにすること、施設を出て地域社会の中で、私たちと互いに隣人として生きられる施策の充実に取り組むことこそが重要だと確信します。

 

 すでに多くの人々が、重い障害を抱えながらも、地域で仲間や隣人とともに自立生活を送っています。そこでは、自分らしく暮らすとはいかなることか、どのようにすれば人は支え合い認め合えるかということが、試行錯誤を繰り返しながら日々学ばれ、実践されています。私たちの社会が、本当に今求めている智慧は、まさにそのような場から生まれるのではないでしょうか。

 

 私たちは、以上の問題性を踏まえた適切な社会的議論をもってこの度の事件が受け止められるべきことを訴え、課題解決へと尽力する決意を表明します。

 

2016年8月23日
反貧困ネットワーク京都


------------------------------------------------

---------------------------------------
〒604-0982
京都市中京区御幸町通夷川上る松本町568
京歯協ビル3階 つくし法律事務所
Tel:075-241-2244 / Fax:075-241-1661
 弁 護 士  舟 木  浩
---------------------------------------

 

author:イージーライダー, category:反貧困ネットワーク, 08:40
comments(0), trackbacks(0), - -
ぽっぷす通信「東京で恒例の、東北被災地から報告」
□■□ぽっぷす通信07JUL16

「東京で恒例の、東北被災地から報告」

 三陸〜太平洋岸の被災地では、ようやく復興公営住宅が建ちならび、仮設住宅からの引っ越しがすすみます。しかし一方では自宅の改修もままならずに、立ち往生している現実も存在します。

 恒例となっている東京での報告会。復興への遠い道のりと、そこに横たわる課題に焦点をあてながら、東北がどう変わっていくのか、どこに希望を見いだせるか、ご一緒に語り合いましょう。

あきら梨木

    ▽    ▽    ▽

第23回「とぽす」とその仲間展
 =オープン・トーク・セッション

「6年目を迎えた東北被災地から」

と き 7月16日(土)18時30分

ところ タワーホール船堀1階ギャラリー
    (都営地下鉄新宿線船堀駅下車)

報 告 希望と楽しみを創り出そう
    (あきら:ザ・桃太郎バンド)

報 告 深刻な生活困窮を見逃すな
    (岡田広行:東洋経済新報社)

入 場 無 料
    (支援活動へのカンパを募ります)

企 画 親と子の談話室「とぽす」

    (☎03−3656−9224)

    ▽    ▽    ▽
 <去年のトーク・セッションから>

    ▽    ▽    ▽

○あきら:
 2011年3月16日、リフト付き車両で仙台入り。高齢の被災者をはじめ、移動に制約のある市民を、避難所から病院・施設などへ送迎。やがて石巻市が開設する福祉避難所に参加。それ以降も移動支援イージーライダーと、うたっこライブの活動をつづけている。

〇岡田広行:
 東洋経済新報記者。銀行不良債権問題や医療・介護・社会福祉・地方問題などの取材をかさねる。北九州市の生活保護問題を取り上げ、2007年貧困ジャーナリズム大賞。2011年3月以降は東北の被災地に通い、2015年2月、岩波新書『被災弱者』を上梓。

    ▽    ▽    ▽
 <去年のトーク・セッションから>


    ▽    ▽    ▽

【カンパのお願い】

 これまでの支援活動には、みなさんの多大な応援があります。移動支援イージーライダーと「うたっこライブ」は、工夫と改善を重ねながら継続します。燃料代など活動経費に対して、カンパいただきますと助かります。

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

□■□NPOぽっぷす事務局
mailto:pops21@blue.ocn.ne.jp

    ▽    ▽    ▽

 
author:イージーライダー, category:-, 00:29
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「うたっこライブ、気仙沼でも好調!」

 FreeWay☆trash☆01jul16

 

東北リポート

「うたっこライブ、気仙沼でも好調!」

 

 毎週水曜日は気仙沼に通います。ようやく市営住宅が建ちはじめ、これから市営住宅に入居する住民、しばらく仮設住宅に住みつづける住民、どちらも地域コミュニティが課題です。

 

 うたっこライブも微力ではあるが、みなさんが楽しく集えるように、できるだけ機会を増やし内容を工夫し、その活動を充実させたいと願います。いよいよ復興・再生へ正念場です。

 

イージーライダー

 

    ▽    ▽    ▽

    ▽    ▽    ▽

 

うたっこライブ「みんなで歌おう」
〜童謡や懐かしい昭和の歌謡曲♪

 

【7月の気仙沼スケジュール】

 

◎7月6日(水)10時
  ケアハウス「ソレイユの丘」

 

◎7月6日(水)14時
  鹿折 ケアハウスみなみ

 

◎7月13日(水)14時
  福寿荘デイサービス・センター

 

◎7月13日(水)15時
  Kウェイブ仮設集会所

 

◎7月20日(水)10時30分
  松崎・柳沢住宅 仮設談話室

 

◎7月20日(水)14時
  反松公園住宅 仮設集会所

 

◎7月27日(水)14時
  五右衛門ヶ原運動場 仮設集会所

 

演奏:あきら(ザ・桃太郎バンド)

 

    ▽    ▽    ▽

    ▽    ▽    ▽

 

【カンパのお願い】

 

 これまでの支援活動に際して、みなさんの多大な応援に感謝します。引きつづき移動支援イージーライダーと「うたっこライブ」の活動に対して、カンパいただきますと助かります。

 

    ▽    ▽    ▽


あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

 

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

 

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

 

「東北ボランティアを応援しよう」


○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

 

    ▽    ▽    ▽

author:イージーライダー, category:うたっこライブ♪, 12:03
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「6年目を迎えた東北被災地から報告」

 FreeWay☆trash☆17jun16

東北リポート
「6年目を迎えた東北被災地から報告」

 三陸〜太平洋岸の被災地では、ようやく復興公営住宅が建ちならび、仮設住宅からの引っ越しがすすみます。しかし一方では自宅の改修もままならずに、立ち往生している現実も存在します。

 恒例となっている東京での報告会。復興への遠い道のりと、そこに横たわる問題に焦点をあてながら、東北がどう変わっていくのか、どこに希望を見いだせるか、ご一緒に語り合いましょう。

イージーライダー

    ▽    ▽    ▽

 第23回「とぽす」とその仲間展


オープン・トーク・セッション
「6年目を迎えた東北被災地から」

と き 7月16日(土)18時30分

ところ タワーホール船堀1階ギャラリー
    (都営地下鉄新宿線船堀駅下車)

報 告 希望と楽しみを創りたい
    (あきら梨木:マカニハワイ)

報 告 深刻な生活困窮を救おう
    (岡田広行:東洋経済新報社)

入場料 無料
    (支援活動へのカンパを募ります)

企 画 親と子の談話室「とぽす」
    (☎03−3656−9224)


    ▽    ▽    ▽

<去年のトーク・セッション・スナップ>

    ▽    ▽    ▽

○あきら梨木:
 2011年3月16日、リフト付き車両で仙台入り。高齢の被災者をはじめ、移動に制約のある市民を、避難所から病院・施設などへ送迎。やがて石巻市が開設する福祉避難所に参加。それ以降も移動支援イージーライダーと、うたっこライブの活動をつづけている。

〇岡田広行:
 東洋経済新報記者。銀行不良債権問題や医療・介護・社会福祉・地方問題などの取材をかさねる。北九州市の生活保護問題を取り上げ、2007年貧困ジャーナリズム大賞。2011年3月以降は東北の被災地に通い、2015年2月、岩波新書『被災弱者』を上梓。

 ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

author:イージーライダー, category:東北地震・津波, 12:37
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「お茶わんプロジェクト@熊本ご案内」

 FreeWay☆trash☆14jun16

東北リポート
「お茶わんプロジェクト@熊本ご案内」

 ひまわりオジサンと久しぶりに電話で話しました。やはり熊本で「お茶わんプロジェクト」を展開、全国から心のこもった食器が寄せられています。これから仮設住宅への入居が本格化するにつれ、お茶わんを配布するイベントがスタートします。

 ひまわりおじさんは神戸での被災体験を語りつぎ、ひまわりの種をもって全国の被災地を訪れます。また地震などでは食器が失われてしまうことから、新潟の中越地震には大量の陶器を運んで、長岡などで被災世帯に配って歩いて感謝されました。

 東日本大震災では宮城県の小泉・歌津から石巻まで、段ボール5100箱の食器を配りきりました。メディアの協力を得て食器の提供を呼びかけ、地元のNPOや中高生の協力で集積して配り、全国の支援者と被災者をつなぐ活動に成長しました。

イージーライダー

    ▽    ▽    ▽

「ひまわりの夢企画」
ひまわりおじさんの熊本地震
http://blog.goo.ne.jp/himahana87


 

 よくある質問(ブログから)

1、お茶わんって、お皿ではダメなんですか?
 食器類(未使用)全般OKです。鍋や釜も歓迎です。

2、熊本の住所に送ったら良いんですか?
 新聞に書いてある熊本市中央区九品寺3−3−26の「でんでん虫の会」へ送ってください。新聞には文字数の都合で送付先の電話番号が載っていません。今から言いますので書き留めてください。熊本市096−297−8116番です。

3、私は九州に住んでいるので直接「でんでん虫」さんに届けたいのですが?
 有難うございます。でんでん虫さんも都合が有るかと思いますので、電話で問い合わせて日時を確認の上、持ち込んで下さい。


 こんな調子で返答しています。もう一つ、口に出してはよう言いませんので、書かせて頂きます。弱小NPOひまわりの夢企画に「活動資金の応援を頂けると嬉しいです」

*振込先 ゆうちょ銀行 〇九九支店 店番099 当座預金208008 口座名儀 ひまわりの夢企画

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

 

author:イージーライダー, category:ボランティア♪, 23:45
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「アメリカの財団から援助の申し出が」


 FreeWay☆trash☆28may16

東北リポート
「アメリカの財団から援助の申し出が」

 アメリカのある財団からメールがとどきました。それによると「貴殿は今も東北の被災地で、お年寄りを支援しつづける」と聞いている。ついては些少ながら貴殿の活動を援助したい。突然の申し出は失礼かもしれないが、援助を受ける気持ちがあるかどうか云々。

 メールをくださった理事は財団の創設者で、岩手県と宮城県に縁のある女性のようです。ありがたくお受けすると返答したのは言うまでもありません。予想以上の長期戦を覚悟しているものの、本格的な資金の手当てをする間もなく走りつづけてしまいましたから。

 それにしても社会的な活動を援助するファウンデーションの、その有りようの彼我の違いに今さらながら驚かされます。わが国にも西欧のそれとは比べようもないけれど、いくらか企業などの寄付を運用する財団などが、民間の活動に助成するシステムはあります。

 しかしそれが現場の活動家の手に届くことは稀です。それを手に入れようとすれば、NPOであっても企業と役所に負けないほどの、情報収集力と事務処理力を備えなければなりません。ようやく提出された申請書類は、役所や企業のOBや大学教授が審査します。

 あるいは大手NPO理事などが集められて、なにより「間違いなさそうな」団体を選びます。被災地支援のために世界中から寄せられた資金も、ほとんど活用されてこなかったのが実情です。ほんとうは「間違いありそうな」事業を応援してこそ役に立つものです。

 いやはや日ごろ金策に苦労してるもんだから、どうも口をつくのは愚痴ばかりになっちゃう。アメリカの財団の提案がスマートなもんで、いつごろ如何ほど頂けるか分からないのに、おっちょこちょいにも報告しました。みなさん安心してカンパを止めちゃだめよ。

イージーライダー

    ▽    ▽    ▽

南三陸防災庁舎
    ▽    ▽    ▽

【カンパのお願い】

 これまでの支援活動については、みなさんの多大な応援があります。移動支援イージーライダーと「うたっこライブ」は、工夫と改善を重ねながら継続していきます。燃料代など活動経費に対して、カンパいただきますと助かります。どうぞよろしくお願いします。

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

 

author:イージーライダー, category:東北地震・津波, 03:02
comments(0), trackbacks(0), - -
うたっこライブ「みんなで歌おう」気仙沼ツアーから

♪うたっこライブ「みんなで歌おう」
4月27日(水)、気仙沼ツアーから



◎牧沢テニスコート仮設住宅の八重桜


◎反松公園仮設集会所うたっこライブ
 

author:イージーライダー, category:うたっこライブ♪, 23:45
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「熊本にとどけられる、東北のこころ」
 FreeWay☆trash☆17apr16

東北リポート
「熊本にとどけられる、東北のこころ」

 熊本から地震がつづいて心配です。テレビも新聞も見る暇がないけど、とき子さんから電話がありました。とき子さんは石巻市で被災され、家財一切なくして仮設住まいです。震災の年に桃生町の福祉避難所で、共に生活した90代の女性です。

 地震や災害のニュース映像などを、まともに見ることができない人が、被災地には今でも多数おられます。とき子さんの反応は違っています。桃生には熊本からリハビリ・チームが、くり返し訪れてくれたことを、とき子さんは忘れていません。

 テレビで熊本の様子を見るにつけ、何かできないか心を痛めていました。すると石巻で結成の支援チームに、市の職員であるFさんが写った。Fさんに避難所で世話になりました。広げてみた石巻日日新聞紙上で、その名を確認したといいます。

 とき子さんは「ああ良かったと思って、そのことが分かるひとに、お話ししたかったの」と言い、忙しいのに邪魔をして悪かったと、くり返し謝って電話を切りました。再生への道半ばである東北からも、さまざまな思いが届けられていきます。

イージーライダー

    ▽    ▽    ▽


    ▽    ▽    ▽

【カンパのお願い】

 これまでの支援活動には、みなさんの多大な応援があります。移動支援イージーライダーと「うたっこライブ」は、工夫と改善を重ねながら継続します。燃料代など活動経費に対して、カンパいただきますと助かります。

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

author:イージーライダー, category:東北地震・津波, 13:00
comments(0), trackbacks(0), - -
東北リポート「サンレモ音楽祭『ケサラ』あきら詞」
 FreeWay☆trash☆12apr16

東北リポート
「サンレモ音楽祭『ケサラ』あきら詞」

 うたっこライブ「みんなで歌おう」は、うたごえ喫茶店の出前バージョンで、東北1000ステージを超えました。最近では拠点となる喫茶店などに、集まっていただく企画も盛んです。

 その内の一つが渡波(わたのは)で開催する、土曜の夜の「うた声カフェ/ら・めーる」です。被災して渡波を出られた元住民も駆けつけ、懐かしい出会いの場になったりもしています。

 集まるメンバーによって愛唱歌も生まれ、現在のブームはサンレモ入賞曲『ケサラ』です。岩谷時子さんのほか訳詞は数ありますけど、あえて原曲のイメージに近い歌詞をつくりました。

イージーライダー

    ▽    ▽    ▽


    ▽    ▽    ▽

サンレモ音楽祭『ケサラ』(あきら詞)

1)町はずれの 丘の上から
 通りを見おろし 別れをつげた
 いつもと なにも変わらない
 ちっぽけな ぼくの町

 ケサラ ケサラ ケサラ
 明日のことなんか わからない
 歩いてみよう 自分の足で
 きっと どうにかなるさ

2)新しい仕事をさがして
 友だちは 行ってしまった
 今夜ぼくも 汽車に乗るんだ
 なにも あてはないけど

 ケサラ ケサラ ケサラ
 明日のことなんか わからない
 歩いてみよう 自分の足で
 きっと どうにかなるさ

3)ぼくにも 恋人がいる
 好きだって言ってくれたんだ
 あの娘は 待っているだろうか
 遠く 離れていく ぼくを

 ケサラ ケサラ ケサラ
 明日のことなんか わからない
 歩いてみよう 自分の足で
 きっと どうにかなるさ

    ▽    ▽    ▽


    ▽    ▽    ▽

【カンパのお願い】

 これまでの支援活動には、みなさんの多大な応援があります。移動支援イージーライダーと「うたっこライブ」は、工夫と改善を重ねながら継続します。燃料代など活動経費に対して、カンパいただきますと助かります。

    ▽    ▽    ▽


    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽


 
author:イージーライダー, category:移動支援イージーライダー, 23:45
comments(0), trackbacks(0), - -