RSS | ATOM | SEARCH
東北リポート 「ドア・トゥ・ドアの移動サポート」

 FreeWay☆trash☆18mar17

東北リポート
「ドア・トゥ・ドアの移動サポート」

 


 いわゆる復興公営住宅への入居がすすんで、あらためて移動サポートを求められます。なんとか住宅建設にまでこぎつけたけれど、そこには街がない、街づくりへの期待が薄い。せっかくの住宅への入居率も下がる気配です。

 気仙沼で活動拠点にしてきた牧沢の仮設住宅、思い思いに引っ越して行かれて空きが多い。近くの山を裸にし造成した住宅に入居される、若い女性から意外な相談がありました。4月から毎週のように利用したいといいます。

 山の中腹の西高校まで路線バスが通います。この春から気仙沼高校に統合されますが、その代わり山の上に市営住宅ができました。いずれ宮城交通は山の上まで行く予定とか。さて移動サポートの利用は減るのか増えるのか。

 しかし女性に訳を聞いたら合点がいきました。市内のスーパーが運行している送迎バスが、3月一杯で廃止されるというじゃないですか。買い物の行き来には重い荷物が生じたり、路線バスでは難しい人も少なくありません。

 地元紙の記者の協力で実情を調査しています。移動サポートに限らず「住民の甘えを許すな」と、自己責任論を振りかざす政治勢力があります。そのような見当違いなことを言うより、移動と交通を見なおすことが先決です。

 もはやドア・トゥ・ドアの移動サービスは、これからの社会に不可欠なインフラです。残念なことに市民活動には力量がありません。福祉有償運送やカー・シェアで解決しません。ふつうの日本人が自然に共同できればいい。

 そんなことをくり返し考えさせられるのです。この問題を解くカギの一つが東北の社会にある。なるほど被災して疲弊してはいるけれど、簡単に諦めない粘り強さを秘めている。4月からの気仙沼に何が見えてくるでしょう。

イージーライダー


    ▽    ▽    ▽

 

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

 

author:イージーライダー, category:移動支援フォーラム, 16:00
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。