RSS | ATOM | SEARCH
東北リポート「宮城県民とて原発事故の被害者ですよ」

 FreeWay☆trash☆15nov18

東北リポート
「宮城県民とて原発事故の被害者ですよ」

 いよいよ宮城県内は放射能汚染処理の壮大な実験場になる。政府の言いなりに県民に向かって「言うことをきけ」と恫喝する知事が、率先して引き受けた汚染廃棄物を消し去りたい。もちろん目の前に積まれた住民も早く無くしてほしい。

 そこで市町村こぞって前のめりに処理を競いだした。河北新報によれば「焼却」「すき込み」「堆肥化」とか。そりゃ焼却すれば物量を大きく減らせる。けど気化したセシウムなんかどこへ行く、フィルターの性能も万全ではないようだ。

 ならば焼却しないで畑の土に混ぜる「すき込み」か、大量の牧草と一緒に醗酵させて堆肥にするか。いずれにせよ放射性物質がなくなりはしない。土や牧草に混入して含有率=パーセントを下げ、ただちに人体に影響するレベルじゃない?

 そんなまやかしが通用する国だから、福島第一からは大気へ海洋へと放射能を放出しつづける。いや実際のところ放出を止める手だてがないのです。すなわち我々の手に負えないことは明らか。そのことを認めないというのは大馬鹿だよ。

 汚染物を引き受けるより、宮城県に大量の放射能が降り注いでいることは、だれでも知っています。それを言うと「風評被害をあおる」から黙っている。雄勝の漁師のおばちゃんは「漁はするけど子や孫には食べさせない」と明言します。

イージーライダー


 

    ▽    ▽    ▽

 

 

    ▽    ▽    ▽

◎宮城県北汚染廃 それぞれの選択(上)

焼却/訴訟、他圏域に影響も

(河北新報11月8日)


 東京電力福島第1原発事故の放射性物質で生じた国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の汚染廃棄物の処理に向け、試験焼却などの取り組みが宮城県内で進んでいる。処理方法はさまざまで、県北ではメインの処理が「焼却」「すき込み」「堆肥化」と分かれる。現状と課題を報告する・・
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181108_13031.html

◎宮城県北汚染廃 それぞれの選択(中)

すき込み/400ベクレル以上の処理未定

(河北新報11月9日)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181109_11009.html

◎宮城県北汚染廃 それぞれの選択(下)

堆肥化/施設候補地選び難航(同11月10日)
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181110_11021.html

    ▽    ▽    ▽

 

 

    ▽    ▽    ▽

あきらめない!東北リポート
http://blog.ido-shien.mobi/

◎トゥイター(新規)Easy Rider
https://twitter.com/easyrider0
(フォロー・ミー follow me)

◎フェイスブック(新規)あきら梨木
https://www.facebook.com/akiranasiki
(ビー・マイ・フレンド be my friend)

「東北ボランティアを応援しよう」
○銀行口座:七十七(しちじゅうしち)銀行
新中里支店5530512移動支援フォーラム

    ▽    ▽    ▽

 

author:イージーライダー, category:福島・原発事故, 00:18
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.ido-shien.mobi/trackback/323